7月24日25日の弥彦燈籠祭りの日程

=24日===

18:50~20:30 民謡流し(町内)

20:00~21:20 前夜祭(ヤホール)

=25日===

9:00~10:00 大祭<大御膳献進>( 拝殿)

9:30~11:30   燈籠駅伝大会(町内)

11:00~11:30   特別祈祷<1回目>( 拝殿)

11:30~16:30  芸妓連、青年・子ども燈籠押し( 町内)

14:00~15:00   里神楽奉納(仮舞殿)

15:00~15:30  特別祈祷<2回目>( 拝殿)

15:30~16:30    里神楽奉納(仮舞殿)

16:30~17:00 剣舞・詩吟奉納(仮舞殿)

16:30~17:30  お欅引<巡行路清祓>( 町内)

19:00~19:30 大燈籠宿下り( 神社~町内)

18:20~20:30   弥彦山松明大行進(山頂~町内)

20:00~22:00奉納花火大会 スターマイン打ち上げ( 弥彦公園)

21:00~23:00 御神輿渡御 大燈籠巡行(町内)

21:00~23:00 神歌楽・天犬舞奉奏(仮舞殿

街を一巡した大燈籠は夜半帰還し、拝殿前の特設舞殿を取り囲み、その中で神歌楽、天犬舞が奉奏され深夜に終了

=26日===
9:00~10:00 還御祭(拝殿)

 

祭りで一番重要なのは巡行後に行われるお稚児様による稚児舞の奉奏です。お稚児様を務めるのは地元の小学2年生の男児2名です。彌彦神社に代々奉仕してきた社家(しゃけ)の流れをくむ家から選ばれたお稚児様は「神歌楽(かがらく)」、社家以外の町方(まちかた)の家から選ばれたお稚児様は「天犬舞(あまいぬのまい)」を舞います。

この舞は「見るなかれ、語るなかれ」といわれる秘曲で、一般の人は見ることができません。舞が行われるのは境内に設けられた仮舞殿(かりぶでん)と呼ばれる特設舞台で、舞の奉奏時には祭り関係者が舞台を取り囲んで人垣を作り、さらに大燈籠が仮舞殿を囲んで周囲の視線を遮ります。せっかく来ていただいてもご覧になれませんが、伴奏の雅楽は聞こえるので、音を聞いて神聖な雰囲気を感じていただきたいと思います。

00088_original

夏祭り

7月も半ばを過ぎましたがまだ梅雨明けしない新潟です。

 

これからいよいよ祭りがあちこちで始まりますね

 

弥彦燈籠祭りは7月25日です。

 

前夜祭には大民謡流しがございます。

彌彦神社から弥彦駅まで総勢300人による民謡流しです

前夜祭ステージでは

一之宮姫太鼓

弥彦村出身キックボクシングチャンピオンのパフォーマンス

舞踏・よさこいソーラン

吉本芸人の『ピスタチオ』『大西ライオン』のパフォーマンス

新潟住みます芸人とのじゃんけん大会

 

「駅前広場 湯のわ」では

【「EDAMAME 夏まつり2019」弥彦村×「EDAMAME ARCADE CHANNEL」×「やひこマルシェ」開催します!!】

7月24日(水)13時〜21時です。是非是非是非お越しください

 

そしてメインイベント

「弥彦燈籠祭り」

彌彦神社の1000年の歴史を誇る神事です。

25日早朝には古式に則って大御膳を献じて祭典が執行され、
花火の打ち上がる中、いよいよ21:00から御神輿渡御、大燈籠巡行。23:00弥彦の町を一巡した大燈籠が拝殿前の特設舞殿を取り囲むと、一社古伝の秘曲、神歌楽・天犬舞が奉奏され深夜に終了を迎えます

 

若女将 川上志保

 

弥彦駅前の紫陽花が綺麗です

七月に突入です

梅雨入りからほとんど雨が無かったのに昨日は久しぶりの土砂降り

七夕の頃っていつも雨ですよね。

 

だけど雨が似合う

これ。

7-1あじさい4

紫陽花

7-1あじさい3

駅前の紫陽花がとてもきれいです。

 

この紫陽花を見ていると雨のじめじめしたものが吹き飛びます。

 

 

そしてホタルが飛び始めていますよ。

弥彦公園内でも見る事が出来ます

是非お出かけください

 

若女将